d払いの使い方。インターネットで使う場合と、実店舗で使う場合の設定方法

ドコモのd払いの使い方は、インターネット上のお店で使う場合と、実店舗で使う場合の2種類の使い方があります。

d払いを実店舗で使う場合には、あらかじめスマホに、d払いの設定をしておく必要があります。最初の1回だけの設定です。順番に見ていきたいと思います。

目次
1.d払いをインターネットで使う
2.d払いを実店舗で使う
・d払いアプリをインストールする
・d払いアプリの利用登録をする

1.d払いをインターネットで使う

d払いを、インターネットのお店で使うには、ショッピングをしたお会計の時に「お支払方法」で「d払い」を選択します。

上の例は、サンプル百貨店でお買い物をした時のものです。

お支払い方法「d払い」を選びます。

支払い方法を「確定」すると、ドコモのサイトに飛びます。

d払いドコモのサイト

d払いの支払い方法は、4種類あります。

  • 電話料金合算払い
  • dカード払い
  • その他のクレジットカード払い
  • dポイントで支払う

ドコモのサイトで、どの方法で支払うか選ぶことが出来ます。

決済詳細(電話料金合算払い/dカード払い/その他のクレジットカード払い)を選択、あるいは、「dポイント」を選ぶと、保有している「dポイント」から支払うことも出来ます。

d払い/dポイントを使って払ってみました

今回は、dポイントを使って支払いました。

購入金額 1,080円に、dポイント 1,080ポイントを使います。

全額ポイントで支払うので、決済金額は0円になります。

「承諾して購入する」を選択すると、ドコモ側の決済が完了します。

サンプル百貨店でd払いが完了

以上で、「サンプル百貨店」でd払いの支払いが出来ました。

2.d払いを実店舗で使う

d払いを実店舗で使うためには、

  • スマホに、d払いアプリをインストールする
  • d払いアプリの利用登録をする

という前準備が必要です。順番に見ていきたいと思います。

1.d払いアプリをインストールする

d払いを実店舗で使うためには、まず、「d払い」のアプリをスマホに、ダウンロード&インストールします。

iphoneであれば アップルストア(App Store)/その他のスマホは、Google Playからダウンロード&インストールします。

App Storeから d払いアプリをインストールする

iphone7 に、d払いのアプリをインストールしました。

App Storeにサインインして

d払いアプリをインストールします。

iphoneの画面に 「d払い」のアプリが現れました。これでインストールは完了です。

2.d払いアプリの利用登録をする

インストールが完了した「d払い」のアプリを使ってみます。

最初に使う場合は、利用登録が必要です。d払いのアプリを立ち上げると、

利用規約

利用規約が表示されますので、一読後「同意してログインへ」

dアカウントでログインする

dアカウントのIDとパスワードで、ログインします。

2段階認証

dアカウントでログインすると、2段階認証の画面になります。

セキュリティコードが、使っているスマホに届きます。私が登録した時は6桁の数字でした。

届いたセキュリティコードを入力して、次に進みます。

ご利用設定

ご利用設定の画面になります。

職業と利用目的を選択して、「設定して次へ」

d払いアプリの利用者登録・完了

これで、d払いアプリの利用者登録が完了して、d払いアプリが使えるようになりました。

「dポイントでお支払いできるようになりました、このままバーコードを提示して下さい。」

以上で、d払いを実店舗で使うための準備が終わりました。

実店舗で使う場合は、お支払い時に、d払いアプリを立ち上げて下さい。

d払いで払うと言って、アプリに表示されるバーコードを見せるだけで使えます。

以上「d払いの使い方。インターネットで使う場合と、実店舗で使う場合の設定方法」でした。

関連記事:d払いで使えるクレジットカードを比較。どのカードを登録するのがお得?おすすめのカード


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする