PayPayとは? 読み方と「使い方」。メリットなどまとめて。

1.PayPayの読み方
2.PayPay(ペイペイ)とは? 生い立ちと歴史
・スマホ決済サービス「PayPay」
3.PayPayの使い方
・PayPayを使うために必要なものは2つ
・ガラケーでPayPayは使える?
・PayPayを使う前に準備すること
・実際にPayPayを使ってみる
・PayPayの加盟店-どこで使えるの?
4.PayPayのメリット
5.PayPayのデメリット
6.実際に使ってみた感想

1.PayPayの読み方

まず最初に、PayPayの読み方は「ペイペイ」と読みます。

PayPay(ペイペイ)とは? 生い立ちと歴史

PayPayとは、PayPay株式会社によるスマホ決済サービスの名称です。
PayPay(ペイペイ)株式会社は、ソフトバンクとヤフーの合弁会社として2018年6月15日に設立しました。

PayPay(ペイペイ)株式会社は、バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマホ決済サービス「PayPay」の提供を2018年秋から開始します。

スマホ決済サービス「PayPay」

バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマホ決済サービス「PayPay」の提供にあたっては、インド最大の決済サービス事業者であるPaytmと連携。同社のテクノロジーを活用して、日本におけるスマホ決済を構築しています。

PayPayの使い方

PayPayを使うために必要なものは2つ

  • スマホ
  • 携帯電話の番号(携帯電話の契約があること)

PayPayを使うために必要なものは、この2つです。

スマホ

PayPayを使うには、PayPayのアプリが必要です。

PayPayを使うためのアプリは2種類ありますが(後で詳しくご説明します)、このアプリをダウンロードして使うための「スマホ」が必要です。

ガラケーでpaypayは使える?

PayPayは、残念ながらガラケーでは使えません。

PayPayのためのアプリをダウンロードする必要があるためです。

PayPayのアプリは、スマホであれば比較的古い機種のスマホでも使えます。ApplePayが使えない、iPhone5や iPhone6(一部機能)でも使えます。

携帯電話番号

スマホ決済「PayPay」を使うためには、携帯電話の番号が必要です。PayPayを利用するには、携帯電話認証(SMS認証)が必要なためです。

1つの携帯電話番号で、複数の「PayPay」を使うことは出来ません。

PayPayを使う前に準備すること

1.PayPayのアプリをダウンロードする

PayPayの使い方は、スマホにアプリをダウンロードすることから始まります。

PayPayを使うためには、2つのうち、どちらかのアプリが必要です。

  • PayPay専用アプリ
  • Yahoo!JAPANアプリ

今回は、PayPay専用アプリを利用することにしました。

2.PayPay専用アプリをダウンロードする

まず、「PayPay専用アプリ」をダウンロードします。

公式サイト:Paypayアプリのダウンロード

ダウンロードは最短で1分。などと書いてありますが、本当にあっという間にダウンロードは終わりました。

3.PayPay専用アプリを立ち上げる

スマホから「PayPay専用アプリ」を立ち上げます。

4.PayPayにチャージする

5.PayPayにクレジットカードを登録する

実際にPayPayを使ってみる

PayPayの使い方は2通りあります。

  • お店のQRコードを読み取る方法
  • PayPayアプリを起動して、バーコードをお店の人に見せる方法

PayPayの加盟店-どこで使えるの?

PayPayは、PayPayの加盟店で使えます。

PayPay 加盟店

PayPayの加盟店は、

  • ビックカメラ
  • エディオン
  • コジマ
  • YAMADA電機
  • マツヤデンキ
  • ファミリーマート
  • HIS

などなど。加盟店は毎月増え続けています。

また、全国規模の大型チェーン店だけでなく、近所の小規模店でも使える「お店」があるのが特徴です。

PayPayが使えるお店は、PayPayアプリからマップで、簡単に見れます。

4.PayPayのメリット

PayPayのメリットとしては、ApplePay、d払いなどと同じように

小銭を持ち歩かなくてもOKなところです。

またPaypay独自のメリットとして

還元率。使用金額の0.5%のpaypayボーナスが貯まる

paypayボーナスは、paypayにチャージしたクレジットカードのポイントや、買い物をしたお店のポイントカード等とは、別途もらえます。

近所の小規模店舗にも加盟店が多い

paypayのメリットとして、実際にPaypayアプリをダウンロードして感じたことですが。

PayPayは、全国規模の大型チェーン店だけでなく、近所の小さなお店でも使える店が多い。

「小さなお店」と言っては失礼に当たるかもしれませんが(すみません・・・)、PayPayを使えるお店を探してみると、近所の「ラーメン屋さん」も PayPayの加盟店になっていました。

近所の「ラーメン屋さん」は個人経営の御主人が経営されている小規模なお店で、お会計にクレジットカードも使えないお店でした。こういうお店でも PayPay払いが出来るのは、大きなメリットだと思います。

実際に PayPayが使えるお店は、PayPayアプリのマップから簡単に調べることが出来ます。調べてみると、「お。ここでも使えるのか?!」と思うお店でも、使えることが多いです。

消費税増税後の対策で、消費税5%還元を受けられる

2019年秋に予定されている消費税10%の引き上げに伴う景気対策で、安倍政権は

中小店舗でクレジットカードなどキャッシュレス決済した場合に限り、消費者に決済額の一定割合をポイントとして還元する仕組みを検討している。還元するポイントの費用は国が負担する。消費増税後の中小店舗での売り上げ減を防ぐためで、首相が10月に制度を検討するよう指示していた。

キャッシュレス決済をした場合、購入金額の5%のポイントを還元する検討をしています。

これが実現した場合、キャッシュレス決済で買い物をした場合は、還元率を5%とする場合、一般的な商品の税率は5%となりますので、現行の8%よりも低くなります。

しかしこのお得なポイント還元も「キャッシュレス決済」をした場合に限られていますので、クレジットカードを使わない方、クレジットカードを使えないお店では、キャッシュレス決済 == PayPay払いが有効になります。

PayPay加盟店のメリット

また、PayPayの加盟店側のメリットとして

  • ユーザー読み取り方式であれば、QRコードを店舗に提示するだけでOK
  • 負担もなく、低コストで簡単に導入できる
  • PayPayの加盟開始から3年間は、店舗側が負担する決済手数料が無料

というメリットがあります。

今までクレジットカードを導入していなかった小規模店舗でも、導入しやすい決済システムです。

こうやって加盟店が増えていくと、今後ますます便利になっていくと思います。

5.PayPayのデメリット

公共交通機関で使えない

PayPayを使っていく上での1番のデメリットは、公共交通機関で使えないことだと思います。

今後、PayPayとの提携が拡大して状況は変わっていくかもしれませんが、執筆時点の2018年12月では、PayPayは公共交通機関では使えません。

同じようなスマホ決済サービス「ApplePay」と比べてしまうのですが、ApplePayであれば Suicaを登録して、電車やバスに乗ることも出来ます。

スマホを持って、電車やバスに乗る時には「Applepay」。と使い分ければ解決することではありますが、せっかく PayPayアプリをダウンロード~登録して使うのであれば、PayPayひとつで全部できれば「ラク」なのに。と思ってしまいます(笑)

タクシー等でPayPayを使うなら

現時点で、PayPayを使えるタクシー会社は

  • 江ノ島タクシー
  • 勝山タクシー
  • 三和交通
  • 第一交通

今後さらに提携タクシー会社は増えていくと思われます。

銀行口座に出金できない

PayPayアプリの中には、「銀行口座に出金」というメニューがあります。

執筆時点(2018年12月6日)では、「銀行口座に出金」は出来ません。

「今後、出金できる新しい電子マネーを提供予定です。」

いづれは銀行口座に出金も出来るようになるのでしょうが、現時点ではまだ出来ないので、余分にチャージしてしまった金額や、友人から送金してもらった金額は PayPay払いで使うしかありません。

今後の対応が待たれるところです。

6.実際に使ってみた感想

実際に、PayPayアプリをダウンロードして、金額のチャージなどをしてみました。

週末には実店舗で実際に PayPayを使ってみる予定です。実際に使ってみた感想などは随時更新していきます。

以上「PayPayとは? 読み方と「使い方」。メリットなどまとめて。」でした。

関連記事:PayPayのよくある質問・FAQ集。使い方・登録・支払い等々


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする