PayPayフリマで値下げ交渉「価格の相談」をされた時の手続きと方法は?

PayPayフリマには、「価格の相談」という「値下げ交渉の方法」があります。

フリマアプリ「メルカリ」でも、値下げ交渉は盛んに行われています。

PayPayフリマの値下げ交渉は、「価格の相談」をタップして行いますが、「メルカリ」に比べるととてもドライで、あまり気を遣うことなく値下げ交渉が出来ます。

出品者として値下げ交渉をされた側の対応も、手続きはとても簡単ですので、使いやすいという印象です。

ここでは、PayPayフリマの値下げ交渉について、まとめてみました。

目次
1.PayPayフリマの値下げ交渉
・価格の相談
・「価格の相談」をする側の手続きと方法
・コメント欄や問い合わせからの値下げ交渉は出来ない!
2.価格の相談を受けた時の手続きと方法は?
・価格の相談のお知らせが来る
・値下げ交渉を断る場合
・値下げ交渉を受ける場合
・PayPayフリマは早い者勝ちというルールがあります
3.値下げをする金額の相場は?
4.PAYPAYフリマの値下げ交渉について
・クーポンやキャンペーンも

PayPayフリマの値下げ交渉

PayPayフリマでは、商品を購入する前に「価格の相談」という値下げ交渉ができます。

価格の相談

商品ページの値段の横に「価格の相談」があります。

これをタップすると、出品者に「価格の相談」が出来ます。

「価格の相談」をする側の手続きと方法

1.「価格の相談」をタップ

買いたい商品の「金額」の横にある「価格の相談」をタップ

2.相談したい価格を入力する

相談したい価格を入力して、「価格の相談を送る」をタップ

これで、出品者に通知が届きます。後は返信を待つだけです。

「価格の相談」をする際には、コメントを入力する欄などはありません。

入力するのは「金額」だけです。

3.出品者がOKした場合だけ、通知が届く

価格の相談は、出品者がその価格にOKした場合だけ、お知らせが届きます。

値下げ交渉が成立した場合だけ、「価格の相談が成立しました。〇月〇日〇時までこの価格で購入できます。」というお知らせが届きます。

出品者が値下げを了承しなかった場合は、相談から24時間後に自動的に取り消しになります。拒否などの通知は届きません。

4.相談した価格で購入手続きへ

「価格の相談が成立しました。」お知らせをタップすると、自動的に商品のページにいきます。

商品の値段が、値下げ交渉をした値段に変わっていることを確認して「相談した価格で購入手続きへ」をタップ

これで、値下げ交渉した価格で商品が購入できました。

出品者の承認後、24時間以内に購入しなかった場合は、相談前の価格に戻ります。

コメント欄や問い合わせからの値下げ交渉は出来ない!

PAYPAYフリマの値下げ交渉で注意することは、

  • 値下げ交渉は「価格の相談」から行う。
  • 出品者への問い合わせで、直接、値下げ交渉はしないで下さい。

PAYPAYフリマには、そもそも、商品のコメント欄はありません。

商品について質問がある場合は、出品者への問い合わせ欄から、やり取りをします。問い合わせ欄からの値下げ交渉は禁止です。

価格の相談を受けた時の手続きと方法は?

出品者として、実際に出品している商品が「価格の相談」を受けた時の手続きと方法を見ていきたいと思います。

1.価格の相談のお知らせが来る

価格の相談が来ると、お知らせで通知が来ます。

お知らせ欄をタップすると、価格の相談の内容が見れます。

1600円で出品している商品に、1300円の値下げ交渉が来ました。

2.値下げ交渉を断る場合

値下げ交渉を断る場合は、2通りの方法があります。

  • 価格に不満な場合は、何もしない。値下げ交渉は24時間後に自動的に却下されます。
  • 相談価格の「同意する」の上にある「バツ印」をタップして、価格の相談を削除する

どちらの場合も、価格の相談をしてきた人には拒否の通知は届きません。

「自動的にお流れになった」イメージで、何事もなかったかのように過ぎていきます。

3.値下げ交渉を受ける場合

値下げ交渉を受ける場合は、相談価格の「同意する」をタップします。

「この価格で同意しますか? いいえ/はい」の確認メッセージが出ますので、値下げOKの場合は、「はい」をタップします。

値下げをOKすると、相談価格の「購入待ち」の表示になります。

出品者が、「価格の相談」ですることはこれだけです。

値下げ交渉をした価格で、相談者が購入した場合は、自動的に値下げ後の価格で販売されます。

出品者が価格を変更する必要はありません。

PayPayフリマは早い者勝ちというルールがあります

値下げ交渉「価格の相談」中も、相談前の価格での販売は継続します。

出品者が同意したかどうかに関係なく、ほかの人も元の価格での購入が可能です。

値下げをする金額の相場は?

「価格の相談」では、最大でも2割(20%)引きまでの値引き交渉しか出来ません。

「相談したい価格」を入力する欄には、値下げ交渉の目安金額が表示されています。

値下げ交渉は、2割引きを超えた値下げは交渉できません。

例えば、1500円の商品の「値下げ交渉」で、1200円未満の金額を入力しても、「価格入力エラー」で返ってきます。

間違って安すぎる金額を入力してしまっても、相談は送れませんので、安心して値下げ交渉が出来ますね。

また、PAYPAYフリマの出品の最低金額は300円ですので、300円以下に値引き交渉することも出来ません。

PAYPAYフリマの値下げ交渉について

PAYPAYフリマの値下げ交渉は、「価格の相談」から行います。

直接、出品者とやり取り(問い合わせ)をして値下げ交渉をするのは禁止です。

フリマアプリのやりとりの中で、値下げ交渉をするのが好きだという方も、わずらわしくてキライだという方もいると思います。

PAYPAYフリマの値下げ交渉は、複雑な手続きや「わずらわしさ」が少しでも軽減されるように、つくられています。

「値下げ交渉」の最初から最後まで、購入者ー出品者間のメッセージのやり取りは一切ありません。

気軽に値下げ交渉を送れる(購入者側)と、意にそわない価格の場合は気軽に断れる(出品者側)が、PAYPAYフリマの値下げ交渉のメリットだといえます。

クーポンやキャンペーンも

PAYPAYフリマでは値下げ交渉以外でも、クーポンやキャンペーンを利用しておトクにお買い物や出品ができます。

PAYPAYフリマで現在使えるクーポンやキャンペーン情報をまとめていますので、一度チェックしてみて下さい!

参考URL:PAYPAYフリマで使えるクーポン。現在のキャンペーン情報

以上「PayPayフリマで値下げ交渉「価格の相談」をされた時の手続きと方法は?」でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする